大体睡眠薬飲んで寝ないで書いてるブログ

大体睡眠薬飲んで寝ないで書いてるブログです。

ソシャゲを始めたら発達障害を克服して正社員になった話

ソシャゲは著しく社会性を向上させることが判明した。

ソーシャル(社会的)ゲームを行なうと、冗談のようだが、本当に社会性が向上する。

極論だが、恐らく発達障害も克服できる。

(私は発達障害の認定を受けているし、手帳も取得できると主治医から言われている)

f:id:yaminoburogu:20180603222218j:plain

何故かというと私が去年10月末ソシャゲを始めてから、うだつの上がらない契約社員から正社員になったのだ。

f:id:yaminoburogu:20180603222303j:plain

さらに昇給昇格に加え、社長賞も受賞した。

(目録を受け取ったのは小学生の作文コンクール以来かもしれない)

f:id:yaminoburogu:20180603222342j:plain

私はソシャゲというものに今まで縁がなかったし、正直課金という行為そのものを見下していた。

この現実を変革に導いたのは「バンドリ!ガールズバンドパーティ!」だ。

bang-dream.bushimo.jp

まるで宗教勧誘のようだ、というだろう。

ただ私が実際に経験し、奇跡が起き、1つの事実として存在している。

神(ガルパ)が顕現し、奇跡が起こった事を時系列に書かせて頂きたい。

 

少々長いがお付き合い頂きたい。

先日の記事を見て頂ければ、私が以下にクズであるか分かると思う。

yaminoburogu.hatenablog.com

隙あらば自分語りをするが、数年前、大学をNNT(無い内定)で卒業した。バイトを転々としながら、合法ハーブをカラオケ屋でキメたり、気軽に自宅でデパスを60錠オーバードーズしたりしていた。

社会に属すことが出来ないと思い込み、Twitterで暴れていたのが就職するまでの虚無期間だ。

結局それも1年半で飽きた。

大学や高校の同級生と会う度に劣等感に苛まれたので、とりあえずマウンティングを取る為に正社員になろうとした。

運良く新卒時と比べ日本経済が好転したのもあって、就職エージェントを介して無事2か月程で30人程の人売りソフトハウスに就職できた。

仕事そのものは楽しかったし、上司の引いた線表より早くモジュールを上げる等奮闘したが、コミュニケーションがうまくいかずに上司に毎日詰められ、出社即トイレで胃液を出すのが日課になっていた。

もちろん残業代は出ず、固定残業費を超過すると上司の承認が必要になる。

上司に気に入られていないとお前が非効率だから、と承認が降りない。

あまりにもしんどかった為、

便所でTwitterをすることを「天の岩戸隠れ」

コンビニに菓子を買いにサボることを「皇籍離脱

タバコ部屋でTwitterすることを「仁徳天皇※」

※人家のかまどから「炊煙」が立ち上っていないことに気づいて3年間租税を免除し、その間は倹約のために宮殿の屋根の茅さえ葺き替えなかったと言う記紀の逸話から(wikiより)

と呼び、これらを同時に行なうことを「三種の神器」と呼んでいた。

それほどの余裕があったのも束の間、半年程であまりのストレスで起き上がれなくなり、ベッドから出られなくなる等の前兆が出始めたので、最後の元気を振り絞り、常に袖机に忍ばせていた退職届を叩きつけた。

退職はあまりにもスムーズだった。何故なら同期入社の女子が1日で消える等、まぁ「そういう会社」だったからだ。

昔から取り返しがつかなくなる前に逃げることだけは多分うまい(自分本位に限る)と思う。

体調をぶっ壊して退職した為、「特定理由離職者」にあたった。つまり半年働けば3か月失業保険を受給することが出来る。

余談だが、発達障害で手帳を取得したり、職業訓練に通えば更に延長することが可能だ。あるいは傷病手当を使用したりすればもっと働かずに済むらしい。

 

無職期間は釣りをしたり曲を作ったりして過ごした。この期間ヒマすぎて初めてソシャゲに手を出した。

マビノギデュエル」だ。本家マビノギを思い出すのには悲しすぎて1日で飽きた。

しかし、ここで刻まれた深層心理が1年後覚醒を促すこととなる。

devcat.nexon.com

無職はそこそこ楽しかったが、在職中の金はストレスで大量購入していた江戸・明治時代の古文書や電子タバコのグッズに吸収された為、単に金がなくなった。

また、正社員としてのステータスは捨てがたく、Twitterでの無職での自虐も飽きていた為、再びエージェントに登録して2社受けたら2社受かった。

もうコードが書きたくなかった為、人売りソフトハウスではなく、情報処理業界で言う開発よりレイヤーが低い監視・運用といった業務がメインの人売り企業にした。

現場に配属され1年ほどは上司に怒られることが多かったが、前職より数十倍大きい会社であった為、コンプライアンスは遵守されており、速攻辞めることは無かった。

しかし職場ではどうも馴染めず、特定のオタク気質の人とだけは辛うじて雑談を行なうことが出来た。 

 

そして去年10月末、ラリってた頃に組んでたバンドの人間が日本に帰国しているというので珍しく誘われて彼らと遊びに行った。

その際にギターの人間がハマっていたのがガルパである。その際ノリでインストールしたはいいものの、正直EASYすらクリア出来ずに投げ出すところであった。

その後、ソシャゲ始めたんすよwと陰キャ特有の絡みを職場で行ない、コミュニケーションとあまりのリズム感の無さに笑われた。

ここが私の健常者へのゲートウェイが開かれた瞬間だった。

bang-dream.bushimo.jp

本題になるが、リズムを取るということは、即ちコミュニケーションでもある。

会話はリズムであり、リズム感のある人間はコミュケーション能力が高い。

具体例ではドラマーは大体彼女がいてコミュ力が高いのは周知の事実である。

また付き合ってはいけない男に3B(バーテン・美容師・ベーシスト)というものがある。そもそも女性と付き合える(=コミュ力が高い)である。

これは少し前にBuzzった話題、定期的にBuzzる話題であるし、事実だ。

ベーシストはリズム感がないと話にならない。つまりリズム隊はコミュ力が高い。

リズムゲームが上手ければコミュ力が高いということになる。

裏を返せばリズムゲームはコミュ力の根本的対処になるのだ。 

私は根気よくEASY、NORMAL、HARDとクリア・フルコンを重ねた。

現在はEXPERTをクリアできるようになり、難易度24~25のフルコンも目の前である。

健常者であればEXPERTは即時クリア出来るらしい。

しかし私は前述の通り発達障害の異常者であった為、練習し、健常者となった。

ちなみに百合ゲーだ。あやちさ、さよひな、たえさあやは尊すぎる。

 

また、私は最近魔法少女まどか☆マギカのソシャゲも始めている。

これも百合ゲーだ。やちいろ、アリかり、りかれんは尊すぎる。

magireco.com

基本的に周回ゲーであるが、周回とは苦痛であり、ルーチンである。

思えばルーチンとは仕事そのものでは無いだろうか?

仕事とはある程度覚えればパターン化し、ルーチン、即ち周回にあたる。

ある意味、周回ゲーとは仕事そのものであるのだ。

・以下に効率的に仕事(素材集め)を終わらせるか

・以下に効率的にスタミナを消化し、自然回復と生活のリズムを合せるか

 

更にあらゆるソシャゲにいえることだが周回とは回ることである。

回る=輪廻であり、一つ一つの輪廻を終えるごとに功徳を賜ることが出来る。

功徳によって人は豊かになり、人に優しくなれる(コミュ力が上がる)

 

最後に、課金についてだが、私は課金を課金と思っていない。

ダーナ喜捨)と捉えている。つまり無課金者への功徳である。

ガチャは周回と同じであるが、功徳を非物質(アストラル)の領域で賜ることが出来る。

物質的領域欲望からの解放、即ちアストラルへの昇華であり、精神の圧倒的成長である。

ソシャゲの課金が社会問題になっているが、裏を返せばソシャゲによって仏道を極めているのだ。

邪道であるが、これは悟りへの道である。

多生論点がズレたが、

「これがソシャゲを始めたら発達障害を克服して正社員になった話」

である。

 

是非ガルパにダーナし、更なる功徳(映像化※)を賜ろう。

是非マギレコにもダーナし、更なる功徳(映像化)を賜ろう。

www.youtube.com


今の時代、アニメよりソシャゲの方が利回りがいい。つまり課金するとアニメになる。

バンドリ1期は11話から面白いという上級者向けアニメで爆死したが、ソシャゲで持ち直した。アニメ2期、3期も決定した。

ソシャゲは現代における希望である。