最低最悪の反面教師バンドから見るライブへの誘われ方

f:id:yaminoburogu:20180612002211j:plain

AL-KAMARとかいうクソバンドのライブ遍歴とかそのうち書こうと思うけど、

実力も人間性も加味して私がライブに誘われなくなった故、

逆に「ライブに誘われる方法」というのは感じている。それをシェアしたい。

どんなに音楽がクソでも無課金でライブやりまくっているバンドはいる。

そのバンドマンの友達が来てくれるから金になるんだ。

こんなん音楽でもなんでもない、ただのうるさい音がする飲み会だ。

悪口はこの辺にして、要点を3つにすると

1,否定するな

2,コアメンバーのみ肯定しろ

3,多才なサービスでインターネット時代を生きろ

1,否定しない

まずこういうことをするな。

yaminoburogu.hatenablog.com

yaminoburogu.hatenablog.com

この件については上記エントリで全部書いたのでもう何も言わない。

大企業の会社員ほどSNSの使い方を気をつけろ、とか最近言われてると思う。

業務においては動きが愚鈍、評判は異常に気にする大企業らしい最近の施策だ。

それはどうでもいいが、元を辿ればムラ社会である日本社会だ。日本人だ。

「ライブハウス」は利益しか考えてない為、別にそうでもないが、

「イベントを考える人間」にとって誘う人間は最も重要であるし、にも繋がる。

誰をどういう意図で呼んだかとか、外部からは分からないし、

バンドの羅列はつまり音楽性の羅列であるし、評判の羅列でもある。

バンドを始めた当初、ライブハウスもイベンターも分からないと思うが、

適当に似た音楽性のライブに4,5回通えば雰囲気は捉えられると思う。

私のような陰キャにはこれが苦痛でならない。仕事での営業か?

人間性だけのクソバンドも、音楽性だけのクソ人間もどっちもいる。

ただどっちにも振り切れないインディーズのバンドが8~9割だろう。

一般にウケるクソつまらない量産コピーバンドもいるし、

「つくる」ことを知ってる人間にのみウケる良いバンドもいる。

8~9割の中での選別はつまり人間性、端的に言えばSNSでの発言だ。

否定するな。否定するなら信頼できる人間のみの裏垢かバンドLINEのみにしろ。

ただスクショのリークだけはされるな。

 

2,コアメンバーのみ肯定しろ

これにおいてはSNSでの発言ベースにおいての言及だ。

関わるであろう全てのバンドを褒めるな。イエスマンに思われる。

イエスマンはある意味一番タチが悪いし、一番誘われるだろう。

本人の中にバンドの音楽性の軸がないならイエスマンになって、

一生控え室でSNSで肯定しつつ、一生パズドラとモンストをやり続ければいい。

一生、並べて、引っ張って、消えてろ。

それ以外の人間はコアメンバーイベンター、次回イベントを打つ人間)を特定しろ。

大抵後ろで謎の人脈を生かしてBGMとか流してる。

良い言葉を使うなら転換DJやってるパターンが多い。

大体が捻くれている人間だ。そいつにあったカスタム・肯定をしろ。

ただイエスマンの肯定は飽きてる。尖った人間の肯定に飢えている。

その前提を忘れるな。再三だがイエスマンにはなるな。

後ろで薄っぺらい人間とか言われる。尖れ。

 

3,多才なサービスでインターネット時代を生きろ

CD買う人間なんてもう少数民族だ。

少数民族は忘れられて自滅するか、迫害されるかは世界史を履修していれば分かる。

ただ少数民族の力は突発Buzz力が強い。レビュアー等が多数属しているからだ。

今少数の意見が強い。国のLGBT施策を見ろ、昭和と違って少数に手厚い。

それらの人間に訴えろ。CDを出したらタワレコなりユニオンに流通させろ。

インディーズの卸なんて何割掛けかなんかで幾つかある。

どうせ売れなかったら返品されるだけだ。プレスじゃなくていい。CD-Rでいい。

ジャケ買いをさせろ。ジャケットは吟味しろ、適当な画像加工でも類似に寄せろ。

Pixivで絵師を探して、万札渡して書かせろ。売れればお互いWin-Winだ。

あとはストリーミングにあげるなり、もう黎明期終わったからアレだが、

・バンドキャンプ

・サンクラ

に適当な曲上げておけばいい。タグの設定は忘れるな。

Digする人間にDigられろ。

 

以上!3つ!

ここまで読んでも3つをやりたくないなら、海外。

国内でのSNSでの発言が最低最悪でも海外からの反応があれば、島国の人間としては非常に承認欲求は満たされる。

うちにも渡航費は出さないが、数年前シベリアの謎の街でのライブオファーは来た。

ただ金無いし、寒そうだし、怖いし、正直訳分からんから断った。

うちのバンドの顔本は元々イタリア人が作ったファンページだった物を譲り受けた物だ。

つまり、これを発生させる。そんな感じ。