とじとも(刀使ノ巫女~刻みし一閃の灯火~)のリアイベに行った話

今私の中でHOTなコンテンツは「刀使ノ巫女」だ。

ソシャゲも展開されており、通称「とじとも」として親しまれている。

そのリアルイベントに行ってきた。

余談だが、抽選落ちて一般・機材席解放しても5秒で売り切れてチケットが取れなかった。

(チケット譲ってくれた方に感謝)

f:id:yaminoburogu:20190406205803j:plain

アプリはアニメのバックストーリーを展開しており、ファンにはたまらないものだ。

若干アプリが重いのと運営がスクエニであるためインフレ加減が凄いのが傷。

ただゲームのつくり自体はそこそこ素晴らしく良い売り上げを出しているらしい。

アニメ原作のソシャゲはコケることが多いが、なるべく続いて欲しい。

客層はアニメ放映当初からのリアルイベントを追っかけている層が6~7割。

後追いやアプリから入った層がその他、あとは声オタな感じだった。女性もいなくはなかった。

トークパートとライブパートがあったのだが、トークパートは配信されていた。

www.youtube.com

自分は音楽をやっている為、本当に素晴らしかったのはライブパートであり、ゲームのBGMにボーカルをつけて生バンドが演奏するという中々無い企画であった。

5分アニメ「みにとじ」のOPフルも宇宙で始めて生で演奏された。非常に良かった。

ペンライトを掲げているオタクも荒魂の赤色を灯しており「分かって」いた。

ゲームのインストBGMメドレーもあり、とても楽しめた。ライブパートは配信されていなかったのが惜しい。

有料でよいから配信すればお金になったのではないだろうか。

スクエニさん、いけなかった人達の為にも公開してあげて下さいよ。

それはさておき、舞台だかリアイベで使われた衣装が飾られているのが非常に素晴らしかった。

f:id:yaminoburogu:20190406210411j:plain

f:id:yaminoburogu:20190406210428j:plain

舞台は2回行ったので…

yaminoburogu.hatenablog.com

正直インフレとガチャの渋さにデイリーをこなすのも苦行だったが、モチベがこれで回復した。

またリアイベ起因で刀使ノ巫女の二次創作合同同人誌にも参加することになった。

このアニメのストーリーは王道である為、構造主義で解釈したら面白いのではないだろうか?

という理由で論文チックな怪文書を書こうと思っている。

構造主義やロシアフォルマリズムといった学生時代避けていた学問を勉強している。案外面白い。

というかとじみこ、素晴らしいコンテンツ、本当に素晴らしいコンテンツだ。

聖地巡礼も気軽にいける為、良いったらありゃしない。

ファンミーティングのチケットもなんとか握ったので、このコンテンツは追いかけていこうと思う。

多分そのうち曲も作ると思う、2クールOP「進化形Colors」が本当にヤバかったから

良くカラオケで歌っている。作曲がやしきん御代だから間違いはない。

www.youtube.com

最後にエモ過ぎる感情を処理する為、イースタンユースを貼っておこうと思う。

アニメの1年前の小説が出るらしい。

正直OVAとか映像で見たいけど、公式供給があるだけほんとうにありがたいね。