日本のポストブラックメタルについての私見の話

エゴサしてたらこんなんあったんで自分の考えをまとめがてら書いておこうと思う。

そもそも作者と作品は切り放すべきであって、これはロラン・バルトミシェル・フーコーといった自分が大嫌いな哲学の人間もドチャクソ昔から提唱している。

それも分からないで「作者がダメだから音楽もダメ、聞かない」というのは馬鹿の発想だと思う。

正直自分の音楽は素晴らしくも何ともないからぶっちゃけどうでもいい。

話が飛んだが、自分が所謂「ポストブラック」をやった時、同時期に日本でポストブラックやってきた人はMr.Mとかonryoしか知らない。マイスペースとかで聞いた記憶。今は知らん。あの時は良かった。

当時、正直な意見、Alcestが衝撃的なアレを出した時、ポストブラックってポストロック+ブラックメタルではなくて、「ブラックメタルの音でシューゲイザーをやっている」だったと自分は思う。

www.youtube.com

2ndやkodamaにはあるけど、ネージュの金切り声入っているもののほうが少ないよ。

Alcest以後、Deafheavenが対等してきて自分が嫌いな「ザ・ポストブラック」が流行ったけど、Deafheavenの極々初期は当時としてはかなりアヴァンギャルドだった。

www.youtube.com

一次資料を見れば分かるけど「スクリーモ+ポストパンク」なんだよね。

この後のDeafheavenは当時ピコリーモの流行りなんかもトレースして、スクリーモというか、ノットフェスとかオズフェスに出ているようなキッズ向けの音楽+ブラックメタルだった。

この原典そのものは1つの構造として良いんだけど10年経過して、これらのフォロワーが国内から今だ出てくるあたり、もうそこからつまらないポストブラックって始まってたと思う。

例えばレジェンドAlcestと同時期に活動していたFursy Teyssier(Les Discrets,ex-Amesoeurs等)が今どうしているか?

www.youtube.com

完全にトリップホップやポストパンクに影響を受けている。

これはFursy Teyssier本人も公言している。

「ポストブラックの先の音楽」を展開してる、これは非常に面白い。

ポストブラックの代表格であるAltar of PlaguesのJames Kellyも当バンドが解散後エレクトロニカプロジェクトであるWIFEを始めている。

www.youtube.com

まぁ、またブラックメタルというか、本人のやりたい感じのバンドも組んでいるのだけども(来日するらしいね)

www.youtube.com

またポストメタルに影響を受けただかで、Lantlosの4thはあまり語られることがないが、文脈として非常に有益だと思う。

www.youtube.com

聞いた当初、本当に衝撃的だった。Lantlosの最高傑作とされる「.neon」の次のAgapeときてポストメタルを通過した新しい音楽だと思う。個人的には.neonよりこれの方が好きだ。

同時期のフォロワーのHeretoir新譜もそうだ。色々と通過して自分の音楽をやっている。同じく日本では話題になっていない。上海でライブしたらしいが。

www.youtube.com

話が戻るが、LantlosのHerbstはLowCityRainというポストパンクバンドもやっている。つまりそういうことだ。The Cureかと思った。

www.youtube.com

また彼のサイドプロジェクトであるPiHKALもWIFEと同じ系列でよく分からない。

音楽的にVapor Waveっぽさもあるが、聞く限りアヴァンで隠棲的なニカだ。

www.youtube.com

先人達がここまで先駆的な音楽をやっている。そして、中国大陸に目を映す。

ポストブラックフォロワーとして最高峰だと考えているDopamineのDeng氏は何をやっているか?

「白コンピ」で無敵なPest Produtionsは今やリリースがつまらないフォロワーばかり。

ただ彼は見る目があると思う。Weary Bird RecordsというSadcore/Depressive Rockのレーベルをたてている。

このアーティストは面白い。ただつまらないフォロワーがたくさんあるPestの方が売れるみたいで、ココのレーベルはDigる人しか知らない(Twitterを検索した限り)

名指しはしないが、どうして既にあるバンドのフォロワーで満足するのか良く分からない。

自分がDigった限り、日本だと京都のこのバンドはものすごく面白いと思う。

www.youtube.com

東欧的ポストブラックに日本的な解釈を加えているが、AlcestやLes Discretsを出しているプロフェシーの音も確かに聞こえてくる。こういうバンドが増えて欲しい。

自分の考えとして、ポストブラックは既に構造が確立されている為、既に死んでいる。

正直つまらない。SAORなど面白い例もあるが、個人的に響かない。

今後はpost-postblackであるべき、だと思う。ジャンル名で呼称するのがあまり好きでないのだが「Sadcore/Depressive Rock」といったジャンルが日本で流行って欲しい。

ただこういう風にジャンル名で固定するとダメ。構造が確立されて面白くなくなる。

Alcestが何を聞いていたか?Creation Recordsや4ADのアーティストだ。

さらにCreation Recordsや4ADのアーティストが何を聞いていたか?

そこまで聞いて、新しいバンドが出てきて欲しい。もうUSポストブラックの焼き直しは個人的には本当につまらない。それはWoeのQuietly, Undramaticallyで終わってると思う。

まぁパクりみたいな音楽がかっこいいと思うならば永遠と教科書の朗読を続けていればいいんじゃないのかな、そういうの好きな人もいるみたいだし。

私見だけど、既にある構造をなぞる必要はないと思う。国内初の面白い音楽が聞きたいだけなんだが、あんま無い。