陰キャがウラジオストクに行ってきた 帰国編

ウラジオを13時発、成田14時着だったので、3時間くらい前には空港に着いてダラダラしていたいのがあった。

行きはバスで1時間くらいかけて市内から空港に向かったが、帰りはどうせならと1日5本しかないというアエロエクスプレスなる電車に乗ってみたかったのがある。

ここで気をつけなければならないのはウラジオストク駅は2つ存在する。

今回利用するのはシベリア鉄道のЖелезнодорожный Вокзалではなく、近郊列車がでているВодонапорная башня железнодорожной станции ладивостокのほう。

何となくでよいのでキリル文字をローマ字に変換できるようにしておくとロシア旅行は幸せになれると思う。いや、ウラジオしか行った事無いけど。

ローマ字で音すら分かればYandex Mapに使えるので。Yandexはロシア本土は勿論カザフスタンにも対応している。

先の記事の蛇足だが、最終日にはロシア女でも買おうかと思ってドミトリーではなくツインルームのそこそこ良い値段(といっても東横インくらい)のホテルにしたのだが、備え付けの電話が無かった。ぬかった。

ウラジオ風俗レベル1は特定のホテルに泊まっていると、ホテルのフロントが売春斡旋業者と繋がってらしく「Do you want lady?」と電話がかかってくるらしい。

しかし電話が無いなら終わった。諦めて全裸でマターリしていた。もう一度行くぞウラジオ。

レベル2はマンションやサウナらしい。サウナは大人数で女を買いにいくのにおすすめらしい。 

有益な情報はここに書かれている。キンドルアンリミで読める。

ということで前日はクソバカビールで悪い酔いしていたのもあり、2時間くらいしか寝られなかった。

適当にチェックアウトし、朝飯を探すもケバブとかピロシキの屋台しか開いてない。

f:id:yaminoburogu:20190815214339j:plain

Big Fatケバブとかいうのをテイクアウトしたら2Lのペットボトルくらいあるケバブが出てきて精神病罹患した。

半分食ったが半分はトラッシュしてしまった。外国のBigサイズは油断できない。

f:id:yaminoburogu:20190815214454j:plain

飲みもんはこれ、オランダのエナドリらしい。味は甘いリポビタンD

f:id:yaminoburogu:20190815214645j:plain

なんかSLが飾られていた。橋にいる人達は旗を振っていたりしていたので、多分シベリア鉄道に乗る人の見送りだと思う。

飛行機が便利な時代にここから7日掛けてモスクワやサンクトペテルブルクにいくのだから凄い。

一度はやってみたいと思う。そういえばシベリア鉄道は車内飲酒禁止らしい。

ドミトリーや宿でも酒を飲んだら罰金だの書いてあったが、自分は普通に飲んでた。

罰金は1500ルーブル(3000円)だが、そこそこ良いドミに1泊出来ると考えるとしんどい。

最後の宿は海鮮を部屋で食べたら3000ルーブル払えってあった。シベリア鉄道といい、過去に何があったんだ。

空港へ向かう車窓、中々良い。反対側は海なんだ。f:id:yaminoburogu:20190815215245j:plain

S7航空。カラーリングはシベリアの草原をイメージしているらしいが、針葉樹林だしもっとどす黒いよね?

トルコ行く時に日本→ロシア→トルコって乗り継いだけどどす黒かったよ(はい粛正)

f:id:yaminoburogu:20190815215413j:plain

4.5Lのクソデカウォッカをみて笑ったりしていた。1万円以上するぞ。

これはアブソリュートだし、市内のスーパーに行けばもっと安いけどね。

そんなかんだで帰国した。

f:id:yaminoburogu:20190815215909j:plain

帰国後2年前にコミケでロシアのファンからもらった酒とウラジオのスーパーで一番安かったウォッカを飲み比べた。

もらったやつも大概消毒液だったが、買ってきた方はもはや「エタノール」だった。

あと2本買ってるんだが、1ショット飲むだけで喉に突っかかる。

今度は高い酒を買おう。これでウラジオ旅行記は終わり。

あ、ウラジオストクからエアメール出したい場合、空港にPost Officeはありません。

Почта Россииで検索して見つけて下さい。運が良ければパツキン美女が親切に教えてくれます。

はがき一枚で日本までだと50ルーブルなので100円くらい。10日で届きました。