陰キャがウズベキスタンに行ってきた 準備/出発と1日目

f:id:yaminoburogu:20190902212510j:plain

乙嫁語りを読んでから、ずっと行きたかったウズベキスタンに行ってきた。

2018年に査証が不要となり、多数のキラキラ女子旅本が刊行されているウズベク

ウラジオと同じく、女子旅に汚染される前に見ておこうと思った。

案の定大分キてたが、それを裏返すほど最高に楽しかった。

韓国乗り換えはめんどくさいし、別に学生でもないから貧乏チケ握る必要もなく直行便のチケを取った。

自分でVisa決済することでウズベキスタン鉄道のチケットは自前で調達可能。

試しに1枚激安チケットを決済直前までやってみたら900円くらいだった。安いね。

そう、この国は後進国としては珍しくバス網ではなく鉄道網が発達している。

鉄道網が壊滅してバス網がサービス、料金と共に最強のトルコとは逆だ。

自分はチケ握るのめんどくさいし、金はあるので自前で調達せずに旅行代理店使った。

英語でのメールのやりとりだったけど、全然問題なかった。
www.advantour.com

ロシア語しか書かれていないチケットに英語で注釈つけてくれたり、最高。

首都タシケントには南駅と中央駅が存在し、間違えると大変なことになる。

ここに課金して良かった。そこに間違えなければ大きなミスはない。自前でも1/3程度で買える。

ちなみにHISとかで買うと流石に高すぎるのでおすすめしない。

f:id:yaminoburogu:20190902211753j:plain

航空機、中々のダサい陰カラーが素敵。

f:id:yaminoburogu:20190902205055j:plain

直行便(ウズベキスタン航空)の機内食アエロフロートと違って案外美味しい。

食料はピーナッツとお茶→メイン→軽食と出る。帰りのタシュケント→成田も同じ。

f:id:yaminoburogu:20190902205303j:plain

パンは硬いそれではなく外国の標準的なパン。美味しい。

時差の関係上、11時発16時着とかおかしい感じになる。1日28時間。きついよね。

普通に機内点検で飛行機が遅れたのと空港の両替所が2つしか無かった為、空港を出たのは結局18時だった。

またSIMカードを買ったのも結構遅れた原因の一つ。

ネットの情報だと2018年からツーリストインフォメーションが出来て3GのUMSのSIMが買えるとあったが、売っていたのはUcellのSIMで場所によってはLTEが繋がった。

1か月5Gで1000円程度だったかと思う。非常に安い。

基本この国のホテルのWi-Fiは使い物にならない為、SIMカードの購入をお勧めする。

電波状況は意外と快適だが、流石に街と街の間の砂漠地帯は2G(GPRS)やE表示(よくわからん)でデータ通信は一切出来なくなり、普通に圏外にもなる。

また、空港を出るとアホみたいにヘイミスター!タクシー!(×n人)攻撃が待っているが、無視してバスなりYandex taxi(map)使えば20~100円程度で市内に行ける。

Yandex.Maps

Yandex.Maps

  • Yandex LLC
  • ナビゲーション
  • 無料

apps.apple.com

Yandexのバスのルート検索などは首都では機能するが、サマルカンドやブハラといった観光地では機能しない。

地球の歩き方によると、今年中にサマルカンドでYandex taxiが使えるらしいが、まだ不明。

といってもタクシーに6キロ乗っても50円とかそういう世界なので気にしなくてもいいし、値段交渉しないでボられても何もダメージは受けない。

f:id:yaminoburogu:20190902210419j:plain

ただインフレの為、200ドルを現地通貨スムにかえるだけこうなる。金持ち気分。

高額紙幣もどんどんいたちごっこで作られているらしいが、流通してないっぽい。

ATMで下ろしても50000スム札しか出てこないし、最高額の100000スム札は1週間いて1枚しかゲットできなかった。

なのでジップロックと輪ゴムを持っていくことを推奨する。あと細かいドルをいくつか持っておくと吉。

スムの信頼度が低すぎて観光地はドル払いの方が喜ばれるし、場合によっては安く買える。

www.booking.com

泊まった宿はここ。朝7時に駅に向かった為、朝飯は食べてない。

ドミトリーなのにカーテンついてて個室感あるし、1泊700円くらいなので良い宿。

フレンドリーだし、ウォーターサーバーから水パクれる。

タシュケントの安宿全般に言えることだが、中心街から外れているのがネック。

まあ日本でいう帝国ホテルレベルの4つ星ホテルが7000円程度で泊まれるので、それを味わうのも良いと思う。

自分は壁を背にして寝ないと中々寝付けないのでドミトリーかドミトリーがある宿の個室ばっかり泊まっている。非常にコスパがよい。

f:id:yaminoburogu:20190902211913j:plain

夕飯はノン(パン)、コク・チャイ(グリーンティ)、プロフ(ピラフというかチャーハンというか油で炒め煮た米料理)

すごく美味しいんだが、油の質が違うのか帰国した今でも腹をこわす。

腹痛ではなく水便が永遠と出るタイプの社会性を失ってしまうやつ。

ウズベキスタンにいる間は整腸剤を飲まずに出し切ることに専念した。正解だったと思う。

今現在水便状態で整腸剤や下痢止めを飲むと膨満感がめちゃめちゃ気持ち悪い。

ただこのタイプの対処方法をする場合、水分補給は怠るとヤバい。

同じ宿の女の子が脱水症状で熱中症になっていた。日中37度とか下手すると40度越す。ヌクスなどの西部だと45度超えるらしい。

水は10円~30円で1L~1.5Lのが買えるので常に持ち歩くのが吉。

あと6日分あるので続きます。