陰キャがウズベキスタンに行ってきた 6日目

移動日なので本当にトピックが無い。

ウズベキスタンの列車は線路にクソ尿をそのまま落下させるタイプのもの、くらい。

その上に16時出発の22時に到着という中々のハードさ。

飛行機だと1時間だが、夜中の2時にしか飛行機が出ていない良くわからなさ(これはウズベキスタンあるあるらしい)

f:id:yaminoburogu:20190915194535j:plain

なのでクソ暑い中行ってない方角へひたすら歩いてみるが、暑すぎて断念。

Mapアプリを起動して観光名所っぽい所が表示されていたので行ってみる。

f:id:yaminoburogu:20190915194636j:plain

Chor Minorって書いてあった気がする。

かわいいサイズのモスクで入場料が書いてあるが誰もいなくて金取られなかった。

中はみあげものしか売ってないし、向いの店はぼったくりで売ってくる。

さっさと退散した。本当に何もやることがないので、来たバスに適当に乗車。

北の方にいってカルヴォン・バザールというところについた。長距離タクシーも出ている。

ブハラの北のほうの観光名所というとハーンの夏の別荘しかないのでそこへ向かった。

f:id:yaminoburogu:20190915195140j:plain

Sitorai Mohi Xosa

夏の間の別荘らしい。ロシアの建築様式と伝統的な模様が合わさっていて面白い。

展示品も世界各国から取り寄せてあって、日本のものもあった。

ちなみに無料の英語ガイドがいたのでその人に案内してもらった。

(首からそれっぽいストラップ下げていたので信頼した、後から金取られたらやだ)

f:id:yaminoburogu:20190915195350j:plain

庭には平気で孔雀が放し飼いされており、人間にも慣れてるのか近寄っても平気。

f:id:yaminoburogu:20190915195503j:plain

まぁ立派の立派で、若干旧市街から離れているというのもあり人が少ないのがいい。

日本から取り寄せた壺なんかも置いてあった。本当かは分からんけど。

f:id:yaminoburogu:20190915200112j:plain

英語ガイドさんがめちゃくちゃ早く回るもんだから後から2回目を周回した。

やっぱりガイドとか人と何かを見て回るって言うのは苦手だ。基本的に旅行は1人がいい。

f:id:yaminoburogu:20190915200347j:plain

やっぱり王様の別荘なだけあって、結構広い。

移っている建物はハレムで奥さんとメイドと王の母が住んでたらしい。

乙嫁語りとエマが混じっている世界で面白い。ちなみに池はクソ汚い。

f:id:yaminoburogu:20190915200518j:plain

奥にあった建物は倉庫っぽくて、クソデカい犬が放し飼いにされてて寝てた。

写真撮る余裕は野犬案件だと怖いので無かった。作業しているおっさんとかもいる。

草を刈ってたり、何もせずに何もしていなかったり。後者は羨ましい。暑そうだけど。

特に見る場所もなくなったので12時過ぎくらいに出てバザールに戻った。

バザールから市内のバスが30分くらいでなかった。そのバスの中でムスリムっぽい姉妹が乗り込んできて、お姉ちゃんっぽいのが妹を雑に蹴っ飛ばしてコーランの一節読み始めた。

多分物乞いっぽい。頭を隠しているムスリムっぽいおばさんはお小遣いっぽいの渡してたけど、他の人はスルー。

妹も戻ってきてバザールで売ってるモノをバスの中で買ってくれってやり始めた為料金回収係の男がキレて追い出していた。

東南アジアかと思った。

列車の時刻もあったので昼飯を食べる時間も微妙にない。

何か宿の人と話してると同じ列車にのる人がいたのでタクシーに一緒に乗車させてもらうことに。

これで5ドルから2ドルになったぜ。もはや誤差の範囲だが金銭感覚がウズベクってる。

f:id:yaminoburogu:20190915201158j:plain

タクシーが出るまで時間があったので適当な店でサモサ(肉パン)を頼んで食べた。

15時くらいだったのでカチンコチンになったパンを水で押し込みながら食べた。

中々のしんどさ。別にここで無理に胃に押し込まなくても良かったのでは。

ブハラの駅に向かう。6キロくらい。その中でタクシーの運ちゃんはウラジオストクに出稼ぎに行ったことあるとか、トヨタの車は高いけど最高とか言ってた。

陰ギャグとしてトヨタの車はアルカイダも使ってるから頑丈だって言ったら微妙な笑い方された。

二度と陰ギャグしないことをアッラーに誓った。

f:id:yaminoburogu:20190915201606j:plain

夕飯は駅で買ったハンバーガー(でかすぎる)を5回くらいに分けて食べた。

最後のほうは昼に食べたカチカチサモサよりカチカチ山だった。

首都タシュケントに戻った後はバスが動いていなかったのでYandex taxiで宿まで行った。

配車後にタクシープールから微妙に離れた所で待っていたんだが、タクシーがガンガン来る。

そして1ドル程度なのに10ドルとか言ってくる。高い。

挙げ句の果てに酔っぱらい運転っぽいやつがきてFuck Youとか言ってくるし、夜のタシュケント最高。

配車したは良いものの、どの車分からんしめんどくさくなって宿まで歩くかな~って思い始めたら、タクシーの運ちゃんが来た。

配車アプリの画面見せて断ろうとしたら、運ちゃんに電話して案内してくれた。

何だこの人優しすぎるだろ、普通強引にタクシーに乗せてライドオンでしょ。

そのまま温かい気持ちのまま暖かい便座がある宿に向かって暖かい布団で寝た。

www.booking.com

暖かい便座はありませんでした。温かい水もなかなか出なかった。

あと1日続きます。